ありがタイ村初代村長誕生秘話=プロローグ=

2017年12月3日

 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイのいなかでの結婚式から4ヶ月。

セブンイレブンで購入した、何本目かの妊娠検査テストキット。

そこに、はっきりくっきり2本の線が現れた。

陽性、つまり妊娠。

徐々にとか情緒持った感じでなく、

意外とあっけなく、さっと表示されるものなんだ。

嫁もわたしも、はやく子どもが欲しくてしょうがなかったので、

比喩ではなく、マジで飛び跳ねて喜んだ。

 

 

2018年7月某日

 

ほぼ毎月のように日本へ飛んでいたのも、

ここからしばらくお休み。

嫁はおなかにすでにすいかを格納している。

7月末になると、

定期検診に通っていた保健所(?)や、

町の病院、はたまた街のクリニックと、

やたお医者通いが増えた。

8月3日に生まれたら、結婚記念日と一緒や!

が、嫁は一刻も早くおなかの中の子を外にだしたいらしい。

そうとうしんどいようだ。

近所のおばあちゃん、、、

嫁の母親の母親だから嫁のおばあちゃんに間違いない。

元気なおばあちゃんで、マッサージの腕もよい。

なんか魔力もありそうだ(・∀・)

そのおばあちゃんが触診してみて、

「おー、こりゃあ今晩か明日にも生まれるど(・∀・)」

 

…結局なにごともなく今晩も明日も過ぎたのだが。

周りはもう早く出てこい、早く出てこい!といわんばかりに、

毎日様子を見に来たりする。

もうすぱっと切って、すぽんと出す気満々な嫁と病院に行くも、

まぁ慌てなさんな。まだ産道も開いてないし、

自然に出てくるの待ちましょうね、と。

車で15分ほどの町の病院、

いざというときまず駆け込む候補の病院であるが、

そこで、もし緊急の際はということで、

車で30分の県庁所在地の大きな病院の紹介状もいただいた。

 

2018年8月3日

 

紹介状をもらった大病院に行ってみる。

土日の週末だと休みだったり、週明けは大混雑だったりするからということで。

もう入院する準備も整えて向かったが、、、

やっぱりまだらしい。

もし土日に産気づいたら、

幹線道路に面した新しい建物のほうに直接行ってくださいねと。

 

そして、その土曜日。

長い一日がはじまった。

 

関連記事

  1. 嫁、手術 =ありがタイ村初代村長誕生秘話=

  2. ありがタイ村とROBINビジネス

  3. プロローグというか=タイのいなかで子育て・新生児=

  4. 息子殿、射出準備完了!? =ありがタイ村初代村長誕生秘話=

  5. 息子殿への道(・∀・)=タイのいなかで子育て・新生児=

  6. 私服姿のメガネおばちゃん担当医=タイのいなかで子育て・新生児=

  7. スマホ逝った!? =ありがタイ村初代村長誕生秘話=

  8. ありがタイ村初代村長誕生!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP