嫁、息子と初対面=タイのいなかで子育て・新生児=

2018年8月5日午前10時頃

 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

依然として、嫁の担当医は来ない。。

術後8時間はこの部屋で、、、と看護師に言われ、

その術後8時間を経過した午前6時に看護師に聞くと、

担当医が来るまでここで、、、と言われ、

担当医を首をながーーーくして待っているのだが、

一向に姿を見せない。

 

嫁「まだ個室に移動できないんですか??」

 

しびれをきらした嫁が看護師に問う。

 

看護師「あ、いいですよ~」

 

おい、担当医が来るまで待てといったのは

どこのどいつのどの口だ(・∀・)

 

 

個室は快適だ(・∀・)

なによりエアコンで冷やされているのがいい。

ドミトリーの扇風機のみは、ちょいと厳しい。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

ほどなく待ちわびていた担当医登場。

担当医「ちょっと前に個室覗いたんだけど、みあたらなかったのよ」

えっと、看護師に待て!を受けてまだドミトリーに。。

…とりあえず、術後の経過は順調なようだ。尿管も外された。

担当医「お子さんに会いにいけるからね」

この言葉に嫁の目が1.5倍ほど大きくなった。

少しずつ動いたほうがいいということもいっていた。

ただ、まだ起き上がってベッドから降りるのにも補助がいるような状態。

でも、

嫁「よし!会いに行く!」

はい、会いたい気持ちもよくわかります。

はい、でも一歩がなかなか前にだせません。。

 

…そういえば、、、

廊下に何台か車椅子が放置されていた。

それをちょいと拝借しまして、嫁を乗っけてレッツゴー(・∀・)

 

でも、嫁を乗せた車椅子をわたしが押すなんてシチュエーション、

いままでまったく想像していなかった。

年齢的にも、嫁による私の介護のほうが先立ったろうに。。

日曜日の昼過ぎの人もそれほどいない病院の廊下を、

嫁を乗せた車椅子は軽やかに進んでいく。

やっぱりわたしも、嫁と息子を早く対面させたいって気持ちが山ほど。

 

車椅子を息子の収容された部屋の入り口に止め、

そこからは嫁の足で。

嫁を支えて、ゆっくりゆっくりと

息子の保育器の前に進んでいく。

嫁も痛いだろうに、着々と歩を進める。

なんだかそれだけで泣きそうになる45歳新米パパ(わたし)

 

保育器の中の息子は、

やっぱり寝てた。

でも、そんな息子をなんともいえない表情で見つめる嫁。

どんな思いが嫁の中に沸き起こっていたかはわからない。

が、そんな姿をみて、やっぱり目の辺りに熱い水が集まってくる。

嫁はなんの躊躇もなく、保育器の中に手を突っ込んで、

息子殿の顔に触れている。。うん、やっぱりそれは嫁が先で問題ない(・∀・)

あわててわたしも嫁に続いて、息子殿に触れてみたけど。

なんともいえない、やわらかさとあたたかさ。

嫁に集約された嫁家系とわたしに集約されたわたし家系が

この息子殿に集約された、なんともいえない重さ。

どこかでひとつでもかけていたら、

この息子殿はおろか、わたしや嫁さえも存在していなかった。

人間、生まれてくるだけで奇跡だよね。

 

嫁の個室に戻り、

まだ食べられない嫁のかわりに、

運ばれてきた病院食を食べ、ほっと一息ついていたら、

さらなる試練が、、、(・∀・)

 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

し、試練ってなんやねん(・∀・)!!

 

関連記事

  1. 心拍異常!? =ありがタイ村初代村長誕生秘話=

  2. 【ゲリラ】WordPressこんさる・ざ☆りある

  3. =ありがタイ村初代村長誕生秘話=

  4. 息子殿、射出準備完了!? =ありがタイ村初代村長誕生秘話=

  5. 息子殿への道(・∀・)=タイのいなかで子育て・新生児=

  6. ありがタイ村とROBINビジネス

  7. ROBINってなに?

  8. 嫁、手術 =ありがタイ村初代村長誕生秘話=

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP