自己

 

1973年5月生まれ45歳(2019年2月現在)。長野県小布施町出身。

慶応義塾大学法学部政治学科卒業。

2006年10月タイ移住。

2017年10月ブンカーン移住。

ということで、タイ在住12年少々、イサーン在住1年少々。

タイ移住の

MaeSarongPhoto006 (1)

『なぜタイに移住したんすか?』

 

よく聞かれる質問なのだが、実際問題理由はなぞだ。

いや、タイが好きだったことは間違いない。

とはいっても、移住が頭に浮かんでから移住を決意するまでが5分。

たった5分で移住を決意していたのだ。理由なんか考えている暇はない。

はじめてタイを訪れたのは、2006年2月。

当時勤めていた会社のラストワークが終わり、

有給消化期間が1ヶ月半あったので、

思い切って1ヶ月の滞在。これまた普通ではない。

初めて訪れる地に1ヶ月である。

しかも、タイというのもたまたま。

本当はニュージーランドにいる友人に会いに行く予定であった。

が、ちょうどその時期、友人一時帰国しているということで、

なんとなく東南アジア、なんとなくのタイ・バンコクであった。

しいて理由を探すのであれば、

当時『深夜特急』にはまっていたということぐらい。

 

はじめてのタイ1ヶ月旅行は、あっという間に終わってしまった。

帰国後すぐに、1ヶ月後のタイ往復航空券を、

今度は1ヶ月半滞在で取る始末。

相当気に入ってしまったのである。

退職後なので時間だけはある。

その2回目のタイ滞在中、北部国境近くの山奥も山奥。

その山の頂の寺院のすみに腰掛け、

目の前に広がる圧倒的な風景を視界に収めながら、

ふと『住もう』という声が脳内に響き渡った。

可能性とか方法とか障害とか、

そんなもの一切考えず、『住もう』と決めていた

 

帰国後3ヶ月でとりあえずの移住資金として100万円を貯め、

2006年10月タイ移住完了。

その前月9月にクーデターが起きたタイでの生活がスタートした。

移住後の極生活からの…

IMG_9054

 

まぁでも、こんな思いつきで突っ走った移住生活、

順風満帆に行くわけがない。

とりあえず持ってきた100万円、

いくら物価の安いタイといえども、

なにも考えず使っていたのでは速攻消えていく。

おまけに身分は外国人、

手持ちが少ないからと安々とバイト探してなんてことはまずできない。

現地採用という身分で働き始める。

ただ幸いな事に、日本より勤務時間というか拘束時間は遥かに短い。

ゆえに給料も激安、日本で働いていた時の3分の1ぐらい。

最低限の生活がなんとか送れる程度のもの。

ちょっとお酒飲みに行った、ちょっと海へ遊びに行ってきたなんてことになると、

数日は1袋10円ぐらいのインスタントラーメンで

飢えを凌ぐ生活が待っていたりする。

1週間ばかりちょっと離島へ遊びに行った時は、

残りの3週間ほど、

30円程度の水を買うかどうかすら真剣に考えるような生活を送ったこともある。

南国の炎天下の中、100円足らずの電車代を節約するために、

1時間近くかけて仕事場まで歩いたこともある。

 

 

そんな生活の傍らで、移住当初からブログは書き続けていた。

3年書き続けた頃には、ある程度ブログからの収益が得られるようになった。

そこからWordPressも独学で学びはじめた。

メインのブログ以外でも、収益をあげるためのサイトを作成したり、

数年前からは電子書籍も出版し始め、

さらには関連書籍でのコラムの仕事をいただいたりもした。

そうして自分の発信媒体が充実してくると、相互作用を考えたり、

いろいろなアイデアが浮かんでは試し、浮かんでは試しするようになる。

しかもそれがむちゃくちゃ楽しかったりする。

楽しいから続ける、続けるからさらに結果が出る。

 

今現在は、メインは投資に切り替えながら、

発信の部分は、自分の好きなことを好きなようにというスタンスに。

…いや、好きなことを好きなようには昔からそうだったかも(笑)

これからますますそんなことが加速するかもしれない。

 

移住の先に見据える

 

IMG_8601

 

この道の先に見えているものは何か?

『輝きに満ちた世界と

 輝きに満ちた仲間と

 輝きに満ちた我が人生』

 

好きなことを、好きなときに、好きなように、好きなだけできる。

そんな自由を手にする。

 

そんな風に生きていく仲間を増やしていく。

そのために自分ができることは全力で惜しみなく提供する。

仲間たちがそれをさらにその先へとつなげていく。。

 

そんな風に世界をちょっとずつ変えることができたら

これは面白いことになるに違いない。

そして世界はそっちの方向に明らかに移行し始めている。

 

 

そんな活動やつながり、

そんなものを一切まとめて、わたしは『ありがタイ村』と呼んでいる。

わたしのこれからの活動一切の目的は、すべて、

この『ありがタイ村』を大きくハッピーな場にすることにある。

そのために、わたしは全力でわたしの人生を突き進む。

 

PAGE TOP